限定承認

限定承認とは、
プラスの財産の中でマイナスの財産を精算しその上で相続財産が残っている場合は
その財産を相続する制度です。
相続財産がどれだけあるかわからない、というような状況で有利な相続方法です。

実際にはそこまで利用されていない

その理由の一つに手続の煩わしさがあります。
限定承認を行うには「事故のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内」に
家庭裁判所に申述しなければならないのですが、相続財産目録とともに相続人全員で行わなければならず、
ひとりでもかけている場合は限定承認ができません。
その後は以下のとおり手続きを踏んでいきます。
1、限定承認をしたあと5日以内に相続債権者及び受遺者に対して限定承認をしたこと及び一定の期間内に
  その請求の申し出ををすべき広告をする。この期間は2ヶ月以上でなければならない。
2、上記期間後、相続債権者・受遺者に対し弁済を行う。
※上記について弁済をするのに相続財産を売却する必要があるようなら、競売しなければならない。
 ただし、家庭裁判所が専任した鑑定人が評価した額を支払うならば競売をしなくてもいい。

税金の申告に難有り

限定承認によって相続した相続財産については
譲渡所得税を納めなければいけません。
単純承認で相続する場合は、現実の売却等がない限り
譲渡所得税は発生しませんが、限定承認の場合は納めることになります。