遺言執行者

遺言執行者は遺言で指定することができる

遺言執行者

まず、遺言に記載されている内容を実現させていくことを「遺言執行」といいます。
遺言を執行するもの=遺言執行者は、遺言者が遺言内で指定するか、その指定を第三者に依頼する方法で指定します。
その他遺言執行者がいない場合、いなくなった場合は利害関係者の請求により家庭裁判所が選任するパターンもあります。

遺言執行者の指定を依頼された者

遅滞なく指定をして相続人にその通知をしなくてはなりません。また、依頼を断るときはこれも遅滞なく相続人に通知しなくてはいけません。

遺言執行者のつとめ

引き受ける場合は直ちに取り掛かる

相続人に対して遺言執行者に就任することを承諾した場合、ただちにその任務に取り掛からなければなりません。

就任するかどうかモジモジしてる場合

相続人等利害感駅舎は相当の期間内に行うかどうか決めてくれてという催促ができます。期間が経過して回答がない場合は「承諾した」とみなされます。

以下のものは遺言執行者になれません

・未成年者
・破産者

相続財産の管理その他囲碁ンの執行に必要な一切の行為をする権利義務

遺言の実現のため必要な行為を行わなければいけません。
相続人も遺言執行者がいる場合は、相続財産の処分等遺言執行者を妨害する行為を行ってはいけません。

特定の不動産を「を相続させる」遺言の場合

特定の不動産を「相続させる」との記載がある場合はその対象の財産については該当相続人は単独で登記手続きを行うことができます。この場合遺言者がお亡くなりになられた時に該当相続人が相続することになります。

遺言執行者の利用の仕方

遺言執行者がいない場合は相続人が遺言の内容を執行していきますが相続人の間で争い等がある場合は執行が滞ったり困難な状況が予想されます。上記のとおり遺言執行者を指定した場合、相続人は遺言執行者を妨害することが許されていないため今後相続人間で争いが考えられる、相続人が高齢で手続きがスムーズにいかない、手続きが大変等の理由があれば「遺言執行者の指定」は大きなメリットがあります。

必ず遺言執行者を指定しなければならない場合

以下については遺言執行者が必要です。
・遺言による認知
・遺言による推定相続人の廃除・廃除の取り消し