遺言の種類

遺言には「普通方式」「特別方式」があり
さらに「普通方式」には
自筆証書遺言
秘密証書遺言
公正証書遺言
があります。
「特別方式」は主に事態急迫な場合の遺言の方式です。

自筆証書遺言

自筆証書遺言は
全文、日付、氏名を全て遺言者が自筆する方法で作成する遺言です。
自筆証書遺言は全てを自身で行うため
証人も必要なく、専門家等への費用もかかりませんが、
反面、間違えがある場合や保管場所の確保等に配慮しなければなりません。

秘密証書遺言

秘密証書遺言は
書面に著名・押印し、押印したものと同じ印で封印したものを
公証人1人、証人2人以上の前で「自分の遺言であること」「遺言者の氏名」「遺言者の住所」を申述、
その後に公証人が当日の日付、遺言者の申述を封に記載し続いて遺言者、証人が著名・押印することで
作成される遺言です。
遺言の内容その形式は一切秘密となっているので
法的不安のある場合はほかの方法で作成するほうがいいかもしれません。
なお、自筆証書遺言の方式を保っている場合は
「自筆証書遺言」として取り扱われます。
秘密証書遺言は自筆証書遺言とは違い全文をワープロ等で作成しても構わないという特徴があります。

公正証書遺言

公正証書遺言は
公証人に対し遺言の内容を口述し、その内容を公証人が作成する方法による遺言で
証人2人以上の立会いのもと作成しなければいけません。
公正証書遺言は、原本が公証役場で保管されるため偽造や紛失の恐れがなく
交渉人が作成するので法的な不備も考えられません。