遺留分

遺留分とは、被相続人の兄弟以外の相続人が相続財産について一定割合相続し得る割合をいい、
民法により規定されているものです。
被相続人が死亡したあとの相続人の生活保障等を考慮し法律により認められています。

遺留分の割合

遺留分は被相続人の兄弟にはありません。
認められているのはそれ以外の「配偶者」「子」「直系尊属」であり
直系尊属は相続財産の3分の1
それ以外は相続財産の2分の1です。
例えば
相続人が妻と子2人の場合は
妻の遺留分は2分の1×2分の1=4分の1
子一人の遺留分は2分の1×2分の1×2分の1(子の人数)=8分の1
となります。

遺留分減殺請求権

自信の遺留分を侵害されている際は取り戻す権利があり
その場合には「遺留分減殺請求」を行うことができます。
この請求は
「相続の開始及び減殺すべき贈与・遺贈があったことを知ったときから1年間行わなかったとき」
もしくは
「相続開始の時から10年を経過したとき」
事項によって消滅します。

遺留分算定の基礎財産

遺留分を計算するには相続財産を確定しなければなりませんが
それに加え以下の財産を相続財産にプラス後相続債務等を控除します。
1、相続開始前1年間になされた贈与
2、遺留分権利者に損害を与えることを知ってなされた贈与
3、不当な対価でなされた有償処分
4、特別受益としての贈与