遺産分割の方法

遺産分割の方法は大きく4つあります。
一つは「遺言による遺産分割」そして
「遺産分割協議」
「調停」
「審判」
です。

遺言による遺産分割

遺言に記載されている内容のとおり
遺産分割を行っていきます。
遺言の内容と異なる分割をするには相続人全員の同意が必要とされています。
また、遺言に記載されていない相続財産については
相続人間の協議が必要です。
遺言の内容が他の相続人の遺留分を侵害する場合がある場合でも
遺言の内容が無効になることはなく、遺留分減殺請求を行うかどうかの問題になります。

遺産分割協議

遺言がない場合、遺言とは異なる分割につき相続人全員の同意がある場合は
相続人間による協議により遺産分割を行います。

調停による分割

協議が調わない、協議ができない場合(例えば相続人の一人が競技に参加しないなど)は
各相続人の請求により家庭裁判所での調停分割ができます。
調停がまとまらず不調に終わった場合は「審判」に移行します。

審判による分割

調停が不調になると審判に移行します。
家庭裁判所の審判官は、各相続人の状況(年齢、職業、心身の状態、生活の状況その他一切の事情)や
遺産について考慮し分割します。
この分割に不服がある場合は2週間以内に不服の申し立てを行い
高等裁判所に再審理を請求することができます。