相続放棄

相続財産を調査した結果、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が大きい場合
「相続の放棄」を考えなければなりません。
ほうっておくと単純相続したことになります(非相続人の財産を相続してしまう)。
相続放棄は「相続の開始」があってからでないと
行うことができません。

相続放棄の効果

相続の放棄は家庭裁判所に申述する方法で行いますが
この場合「初めから相続人ではなかった」という取り扱いになり
その後代襲相続はありません。

相続放棄の効果

相続の放棄は家庭裁判所に申述する方法で行いますが
この場合「初めから相続人ではなかった」という取り扱いになり
その後代襲相続はありません。

相続放棄の効果

相続の放棄は家庭裁判所に申述する方法で行いますが
この場合「初めから相続人ではなかった」という取り扱いになり
その後代襲相続はありません。
また、相続財産の調査等をおこなっても判断するための資料が得られない場合
家庭裁判所に伸長の申述を行うことができます。