法定相続人と代襲相続

相続人を確定する前に、法定相続人について知っていなければなりません。
法定相続人とは民法で定めた「相続が起こったら法的に相続人となる者」です。
法定相続人は、相続があった時の状況により相続人となれるものが変化します。

被相続人の配偶者は常に相続人

お亡くなりになられた方に配偶者がいる場合は
その配偶者は必ず相続人になります。
ポイントは配偶者以外の相続人になり得る者の存在です。

「ポイント1」被相続人の子がいる場合は子が相続人となります。
「ポイント2」子がいなく被相続人の親がいる場合は親が相続人となります。
「ポイント3」子・親がいなく被相続人の兄弟が居る場合は兄弟が相続人となります。

代襲相続

被相続人の子が、相続の前になくなっている場合等の状況で、その子に子供がいる場合は(被相続人からは孫)
その子供が亡くなった非相続人の子の相続人としての地位を引き継ぎます。
これを「代襲相続」といいます。この代襲相続は被相続人の子については永遠に続きます。
これに対し非相続人の兄弟が相続人になるケースでは
代襲相続は1代つまり兄弟の子のみ引き継ぐことができます。