相続人の廃除

素行の悪い相続人となり得る人物、例えば親を虐待したり、侮辱したり
そういったことが原因で相続させたくない場合の制度です。

廃除の具体的事由

遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべきものを言う)が、
非相続人に対して虐待をし模式はこれに重大な侮辱を加えたとき

または推定相続人にそのほかの著しい非行が会ったときは、
非相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。