現物分割・換価分割・代償分割

bunkatushouhou

相続財産そのものを相続人に取得させる「現物分割」

現物分割とは、不動産、動産をそのままの状態で各相続人に取得させる方法により遺産の分割を行う一般的にメジャーなやり方ではないでしょうか。

相続分通りの遺産分割は難しい

都合よく分割できる財産であればいいのですが、建物や自動車といった財産は分割することができないので、遺産分割を「現物分割」飲みで行うとしたら、どうしても相続分通りの遺産分割は難しくなってきます。

相続財産をお金に換えて分割する「換価分割」

相続財産等をお金に換価するので相続分により近い遺産分割が可能です。ただ、被相続人の相続財産を売却等するということなので希望する価格で売却できるかは分かりません。

一部のものに相続させえる代償分割

一部のものに相続させ、そのものにほかの相続人への債務を負担させる分割方法です。分割を避けたい財産(農地や事業)はこのような方法により跡を継ぐもの相続させる方法が多いです。

実際には上記の組み合わせ

上記の分割ひとつの方法のみで行う、というわけではなく、それぞれの相続の状況によりいろいろな遺産分割方法を組み合わせて相続手続きを進めることが多いようです。