特別受益

特別受益とは、生前に贈与を受けた場合、相続に際し遺贈があった場合(これらを「特別受益」といいます)に
ほかの相続人との公平性を図るため、生前に贈与されたもの(「みなし相続財産」といいます)等を
相続財産に戻し(「もち戻し」といいます)て全体の相続財産と各々の相続分を計算し、特別受益のあるものは、
この相続分から「特別受益を差し引いたもの」を相続分とします。

この場合「特別受益の範囲」が重要になってきます。

特別受益の範囲

以下のものは特別受益となります。

1、遺贈されたもの → 全て特別受益となります。
2、生前贈与のうち(すべて特別受益になるわけではありません)
 
 「婚姻、養子縁組のための贈与」
  持参金、結納金、支度金、嫁入り道具といったもの。
  養子縁組のために特別に支出したもの。
 
 「生計の資本としての贈与」
  生計を立てる上での基礎としての贈与のことをいいます。
  (例)
  学資(入学金・学費など)動産、現金その他
  → その家庭の収入状況・被相続人の社会的地位・生活レベル等を考慮して判断されます。
  不動産、

「生命保険」
   基本的には特別受益となりませんが、ほかの相続人との間に著しい不公平があるなどは
   特別受益に準じるとされています。
  

※特別受益に該当しないもの
 「扶養義務に基づくもの」
  仕送り
 「多額でないもの」