法定相続分

法定相続分は
民法で定めた、相続人の相続する割合です。
相続が起こったとき、誰が相続人であるかで変化します。

同順位の相続人のみなら人数で等しく割る

例えば、相続人が被相続人の子のみの場合は
子一人が相続する割合はその子の人数で割った割合です。
例えば、妻がおらず子3人いる場合は3分の1づつが子一人が受ける法定相続分です。

配偶者がいる場合は法定相続分は複雑

配偶者がいる場合は、配偶者以外の相続人が「子」「親=直系尊属」「兄弟」いずれかによって
相続分は複雑に変化します。

1、配偶者と子の場合
配偶者:2分の1  子:2分の一をこの人数で割った分

2、配偶者と親などの直系尊属の場合
配偶者:3分の2  直系尊属:3分の1
3、配偶者と兄弟の場合
配偶者:4分の3  兄弟:4分の1

非嫡出子についての取り扱い

まず、嫡出子について
婚姻関係にあるものの間に生まれた子を嫡出子といいます。
これに対し婚姻関係にないものの間に生まれた子を非嫡出子といい
いままで法定相続分は嫡出子の2分の1とされてきました。

しかし、平成25年9月4日最高裁において
この差は違憲となり非嫡出子においても嫡出子と同じ法定相続分が適用されることになります。
(平成25年12月4日に民法においても改正)

非嫡出子の相続分