寄与分

被相続人の財産や事業などを維持するために頑張ったり、被相続人の看病をしてきた相続人で
それらの貢献度が大きい場合は、相続人間の協議により
相続開始時の相続財産からその貢献度(寄与分)を差し引いたものを
相続財産として相続分を計算し、その後にその寄与分を加えます。

協議が調わない場合、協議することができない場合は
寄与をした者の請求で家庭裁判所が寄与分を定めます。

寄与分を認められる場合

「特別な」寄与をいいます。
扶助義務、扶養義務などは通常当たり前の行為なので
寄与分が認められるのは難しいです。